FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

堀部氏追悼企画……

とかいうとやたら壮大なんだけれども。
 
PC通常版(非初回版)インタールードを購入してみました。
 
 
早速やってみたんですけども。

……すっげえCG多い(・ω・;)
 
ヒロインそれぞれ綾が192枚、泉美さんが153枚、タマが129枚という、もとがドキャ(何)で出たゲームのわりに凄まじいグラフィックの数。
会話シーンでも一枚絵ばっかり用いられているとは。
そして人物は悉く堀部氏が手がけてて……
たまに、背景に怪しいところはあったけれど(笑
 
なかなかがっつりと楽しめる内容だったと思います。
たまに、セリフ回しで「なぜそこが平仮名?」ってところはあったけれど(笑
 
 
シナリオとしては、レビューなんかを見てると
・プレイ中ずっと気分が暗くなった
・難解でプレイヤーの想像力に頼りすぎ
みたいな評価がね、こうね、あったりしますがね。
さすがに暗くはなりませんでしたけどね。
気持ちの悪さとかもこう、免疫があるというか。
グロってわけでもなかったし。
話としても、たまに私自身が似たような思いを抱くこともあって、ライターが造り上げた世界観に対してあまり抵抗がありませんでした。
それはそれで問題なのかもしれませんが(笑
 
プレイヤーの想像力に頼りすぎ、ってのはまぁ、そう思える部分はありますね。
私自身、ストーリーの全貌を理詰めで説明はできませんし。
これはどういうことだったんだろうって部分もあって、そこの理解は流しちゃってるところもあります。
 
でもいいんです。私は。
んなもんごちゃごちゃといちいち何もかもに説明加えてるのも興ざめです。特にこういうタイプの作品の場合。
話の筋が唐突すぎるとか、そういうわけでもないですし。
第一、説明の足りなさに関しては水月のほうが一枚上手です(笑何
 
……そう考えると、やはり堀部氏の絵に助けられてる部分が多い作品、と言えてしまうんでしょうかねぇ。
ちょっと残念かもしれません。私は好きですけど(笑
 
 
 
 
 
 
斑霧とかどうなるんだろう……(・ω・;)
スポンサーサイト
Home |  Category:Hobby |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 

にょっふん

Author:にょっふん
ようこそいらっしゃいました。
大したものはありませんが、
のんびりしていってください。

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。