スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

M重の底力?

暑い日々が続いております。
このブログをご覧の皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
わたくし、今月20・21日の連休でたっぷりと福をいただいて参りました。皆さまにもぜひともお裾分けしたい!
今はこういう思いでおります。



えーと。まあ。あれな書き出しで始めましたが。
二連休の間に旅行してきたのでございます。

もっとも、行き先はM重。半ば帰省のような感じ。実家方面には立ち寄っていませんけどね(汗

今回の行程としましては。とにかくまず、M阪牛が食べたい、と。それもお安く。
というわけで、20日午前、先日開通いたしました新MS(モビルスーツじゃないよ為念)高速道路を抜けまして、途中からI勢自動車道に乗り、M阪市内へ。
入ったお店はいっしょうびん本店。
11時台に入店したにしては、お客さんちょっと入ってました。そのうちほぼ満席に。
そこでM阪牛ユッケを貪り、ロースやらホルモンやらをさんざんに食い散らかして、堪能して参りました。わたくし以外のメンバーお二人は昼間っからビールも飲んで。しかもお一人は1.5リッター飲んでらっしゃいますよ。

そんな感じで楽しくスタート。

続いて向かいましたのは、なぜかM和町のイオン。
……いや、その、BGMがなかったのですよ(汗
というわけで、FMトランスミッターを求めて。
最終的には、各自が持っていたポータブルオーディオから音楽をかけ流しつつドライブ、という感じ。

そして何とかBGMを車内に取り戻すと、次に向かいましたのは神宮。
そして予想以上に多い人波(・ω・;)
正規の駐車場に止められません。I十鈴川のほとりに設定された臨時駐車場に無理矢理レンタカーを駐めまして、そこから徒歩。
暑かった……。仕事柄、暑さに耐性はできているほうですが、それでも厳しかったです。日陰を探してうろうろ歩きつつ、お参りして、帰り際に茶店に入って葛切りを食しました。私以外のお二方は黒氷なるものを召し上がっていましたが。
元々は赤福氷を食べようと思ってたんですが……混雑でそうもいかず。
しかし、お二方はその黒氷をわりと気に入ってらっしゃるようでした。白玉団子ではなく蕨餅が入っていたようです。珍しや。

んでもって。
ここで、今回の旅行を象徴するかのような、予想外なものに出会います。
それは、猿田彦神社のポスターなのですが。
猿田彦神社のポスター
上半分が日陰のため、ちょっとお見苦しいですが。
そう、今回の旅はM重の底力のようなものを実感するような出来事がいっぱいあったのでした……



そして、宿へ向かいます。

今回のお宿はS原温泉湯元S原館。
さすがに新館は高いので、旧館でございましたが。
……たまに父に連れられて温泉入りに来るところですね(・ω・;)
でも、宿泊するのは初めてです。

結論としましては、いいお宿でした。
部屋はちょっとぼろっちかったけど、食事には結構な力が入ってましたし。地産地消食材ばんざい。
トウモロコシの炊き込みご飯が思いのほかぐー。甘くて美味しかったです。
とにかく野菜がたっぷりで、一人暮らしで家事をさぼりがちな人間としましては、非常に健康的にお食事をさせていただきました。

そして、肝心の温泉ですが。
私自身は以前にも入ったことがありましたから、あえて感想を言うまでもないのですが、非常によかったです。
やはりといえばやはり、源泉風呂がたまりません。冷泉ぐっじょぶ(・ω・)b
この季節はもう、ずっと長いこと浸かっていられるお風呂ってのが最高の贅沢であるだろうと思うのです。その意味では、あれ以上のものはなかなかないでしょう。
泉質のせいで角質も溶けまくってお肌つるつるになりますし。
夏こそはS原温泉。

露天風呂もありました。
こっちは宿泊客に対してしか開放されておらず、私も入るのは初めてでした。
いや、本当に、宿の屋上で。文字通りの露天風呂。
こちらもよかったんですけど……ただ、ちょっと、虫が出ます。
羽虫程度なら大したことはないんですが……チャバネは勘弁してください(・ω・;)
お願いですからハラ肉に取り付かないで! 悲鳴あげちゃうから!(何

朝風呂も浸かってほんわかほんわか。



さて。

問題は、翌日。
予定がほとんど立っていなかったのです。

一応、午後から行こうと決めているところはあったのですが、そこまでの行程が思いっきりすっぽり抜けていました。
どうしよう、と額を集めて相談し、地元観光のパンフレットなどを参照します。

しかしですね。
かつての地元民としましては、まさか自分がその場所へ足を踏み入れることになろうとは、思わなかったですよ(・ω・;)

まさかまさか、ルーブル彫刻美術館・大観音寺の二点セットに行くことになるなんて(汗

もう、何と言いますか、地元の人間としてはちょっとなかったことにしてくださいと言いたくなるような、そんなスポット。
ナイトスクープのパラダイス候補。
恥ずかしい存在。
そういうイメージに思いっきり後ろ髪を引かれながらも、私以外のお二方が非常に乗り気だったため、行くことに。

まずは大観音寺。
もう、何と形容していいやら。
初っ端から怪しげなアイテムに囲まれます。
080721_1044~01
何でも抱き込むらしい、不思議な木の根。
いや、これに限らず、自然発生的なものに無理矢理こじつけ的に意味を見出そうとする傾向が強かったように感じます。人影らしきものが映り込んだかのような紋様の石とか岩とか。
なお、それらの中には不信心なわたくしごときには判別のつかないものもございました。

ゲートというか、入場口というか、おおよそ拝観受付というよりはテーマパークのエントランスのような入口をくぐり、まずは純金(らしい)恵比寿様・大黒様をひと撫でふた撫で。
これで金運は向上するらしい……ですが、果たして?(汗
そして、その先に待ち受けていたものは……
足形そしてネコ
仏様の足形と、何故かその前でオーケストラを展開する「招き猫」。
もはや招いていただいてるんだか何だかわかりません。

仏様の足形オブジェは、その他色々な場所で見ることができました。
四国八十八ヶ所霊場巡りとか、西国百ヶ所霊場巡りとか。もはやアトラクションと言ってもいい施設がございまして、そこには各地のご本尊様の像と、参拝者が踏むための足形。
足つぼ効果で健康にもいい……そうですが、果たして?(汗

その後も、厄よけの不動さんとか、病封じの岩だとか、極楽坂だとか、河童大明神だとか、巨大七福神だとか、等身大守り本尊だとか、純金(?)升だとか、巨大お福だとか、もう語り尽くせないほどの色んな仏さんその他に祝福を受けまして、心ほかほか(何
衝撃を受けつつ退出した我々の感想としましては……ここはお寺というより、仏様のテーマパークだったんだと。そう思うことで一致を見ました。
他にもですね、色んなネタものはあったんですよ。あったんですがね……カメラを忘れたのがちょと悔しい(´・ω・`)

出たところでも、こんな光景が。
なんでもカエルのよ
何でも「かえる」カエルなんだそうで……
どうでもいいですけど、ここの管理者は音楽ものが大好きなようです。カラオケ地蔵とかも売ってたし!(何


大観音寺をあとにしたら、その次はルーブル彫刻美術館。
M重テレビで打ってるCMゆえ、非常に戦々恐々としていたのでございますが。
結論としては、それはもう、見事なレプリカ美術館でした……
あれですね。A路島のオノコロに近い感じ。
寸法の違うレプリカとかもう、ザラ。撮影禁止だったのが惜しまれます。
何よりびっくりしたのは、彫刻美術館開館の際に、どうやら本当にパリのルーブル美術館館長が言祝ぎにやってきていたらしいこと。
……ネタと解してニヤニヤしながら来たんでしょうか。展示されている写真からは残念ながらその心境は読み取れませんでした。

大観音寺と併せて、圧倒されるひとときでございました。これが、これがM重の底力なのか……!
はづかしながら、わたくし、今の今までこんな底力があるなんて存じ上げませんでした。知らなかったほうがいいような気もします。ちょっぴり切ないのはなぜ?



そして。
続きましては、当初から予定しておりました訪問地、ミホミュージアムでございます。
それにしても恐ろしや宗教パワー。
あれほどの建築物・収蔵物をS賀はS楽の山奥に現出させるとは。
大観音寺・ルーブル彫刻美術館とはまた違う意味で圧倒されました。特別展のリュトンも面白かったですし。常設展も含めて、何より解説が丁寧でわかりやすい。
あれだけのクオリティを産み出せるなんて……ただの学究的欲求ではあそこまで見せることはきっとできないでしょう。
ある意味感動を覚えるとともに、空恐ろしさも感じたにょっふんでございました……

まぁ。いいものはいいんです。宗教パワーで形作られていようとも。
あそこで覚えた感動そのものは、本物でした。また行ってみたいものです。



さて。近況。

旅行から帰って、翌日は休配日明けということもあり、怒濤のブツ量に押しつぶされておりました。
某子ども向けキットをはじめとする定形外は、火曜日のうちにはお届けしきれず。水曜日も使ってようやく配達し終えました。
いや、も、あれは単純に積めない。キャリーボックスに入りきらない。
三時間超過勤務とか、当たり前のようにやってました。暗くなると宛所の文字が読みにくくて困ります。

そんな中、今日は夏季休暇をいただいておりました。
明日は研修という名の出張。朝からA崎支店へ向かいます。
そして土曜日配達したら、また日曜日はお休み!

頑張って参ります。
スポンサーサイト
Home |  Category:Life |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 

にょっふん

Author:にょっふん
ようこそいらっしゃいました。
大したものはありませんが、
のんびりしていってください。

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。